南の国

夫と離婚したことに未練を感じている女性も多いものです。

「元夫とやり直したい」「夫婦として一からスタートしたい」と悩んでいるあなた。

離婚をしてしまっても復縁できる方法があるんです!

今回は、離婚した後の元夫の心理から離婚が成立した後の復縁を方法を詳しく解説しています。

また、元夫と復縁が成功した後に気を付ける事も合わせてご紹介します。

愛され子
愛され子
離婚問題って複雑だわ。離婚に至った経緯は夫婦それぞれ違うものよね。あの頃は別れたいって気持ちが先行していたけど、今は違うって思えることもあるわ。この問題に立ち向かう方法を知りたいわね
離婚したら、もう元には戻れないものよ。離婚がどれだけ大変だったか経験した人にしか分からない事もあるわ。心を病んでしまうほどの暗い過去が一気に解決されるなんて思えないもの
嫌われ子
嫌われ子

離婚をしてしまっても元夫とやり直す方法は必ずあるものです。

正しい方法で元夫の気持ちをあなたの元へ戻すことで、二人の愛は燃えあがると言っても過言ではありません。

離婚したからと復縁を諦めてしまえば、この先も元夫を思いながら一人きりの人生を歩むことになってしまうものです。

元夫ともう一度やり直す道を選んでください。

あなた達夫婦の新たなる門出を応援します。

元夫と復縁してあなたの未来を変えましょう。

目次

愛され子・嫌われ子が考える「離婚した後の元夫の心理」とは

愛され子
愛され子
私は
・喪失感で元妻の存在の大きさを実感している
・独身の自由できままな生活を楽しみたい
・家庭での悩み事が消えて楽になった
・離婚によって経歴に傷がついた
だと思うわ。
男性が感じている離婚までのストレスって相当根深いものだと思うの。離婚をしてことで大黒柱としての重荷から解放されて楽になったと感じていることもあると思うわ。でも、離婚から時間が経つと後悔する気持ちも生まれているはずよ。そこをうまく、見抜けば復縁方法も見つかりそうね!
私は
・元妻と別れて心からよかったと思っている
・独身生活はつまらないものだ
・家庭での悩みが消えても他の悩みが増えた
・既婚男性にとって離婚は最高の選択だ
だと思うわ。
離婚するほど妻に嫌気がさしているのだもの。復縁は難しい問題じゃない?復縁するってことは妻のこともすべて許さなきゃいけないし、自分も反省しないと先には進めないものよね。男の人が自分の過ちに気が付くことってあるのかしら?
嫌われ子
嫌われ子

正解は愛され子!離婚した後の元夫はこんな心理でいます

言いようのない喪失感で元妻の存在の大きさを思い出している

男性後悔

離婚した後の元夫は、喪失感で元妻の存在の大きさを思い出しています。

離婚する前までは「妻が嫌だ」と感じていても、いざ傍にいない状況になれば「自分のものを無くしてしまった」という喪失感にうろたえてしまうものです。

「妻の偉大さに気が付いた」と男性が後悔してしまう事も少なくありません。

特に家のことは任せきっていて家事を全くしてこなかった男性ほど、妻をなくしてしまった大きさに気が付きます。

洗剤の位置や家の掃除など「どう手を付けていいのか分からない」「妻はいつも自分の為に目には見えづらい努力をしていたのか」と感じてしまう事も少なくありません。

妻がいつも座っていた定位置を目にして「もういないのか」と寂しさを感じてしまう事も多いものです。

いなくなって初めてわかる存在の大きさに元夫は唖然としています。

愛され子
愛され子
離婚したがっていた夫側も妻のことを思い出してくれているのなら、嬉しいことよね。いなくならなければ分からない男性にはもっと早くに気が付いてほしかったわ。

独身でしか味わえない自由で気ままな生活を楽しみたい

くつろぐ男性

離婚した男性は、自由で気ままな生活を楽しみたいと思っているものです。

独身でしか味わえない自由な生活に離婚前から憧れている男性も多くいます。

「休みの日にゴロゴロしても怒られない」「残業で遅くなっても連絡しなくて済む」と自由な生活を体感できる幸せをヒシヒシと感じているものです。

そんな男性は、休日が特に楽しみになり「次の休みは何をしようかな?」と普段はインドア派の男性が急にアクティブに動くことも珍しくありません。

その為、周囲の人から「あの人、離婚して変わったよね」と言われてしまう事もあります。

「奥さんと別れてよっぽど楽しいのかしら」と元妻が悪者になってしまう事もるものです。

自由な生活を楽しんでいる夫に「なんであの人は楽しそうなの?」と思ってしまうこともありますが、それも別れた直後の今だけ。

時間が経てば、またいつものように引きこもってしまう彼に変わるものです。

その為、特段の心配はせずに楽しみたい彼に自由を楽しませてあげましょう。

そうすれば彼の心も独り身に満足します。

愛され子
愛され子
彼が独身を楽しんでいるなんて、今までの生活を否定されているみたいで悲しいわね。でも、独身時代に慣れてしまえばそれもつまらない事も一つになるものだわ。結婚生活を懐かしむようになれば、あの頃も良かったと思ってもらえるチャンスよね。

不満を抱いていた家庭での悩みごとが消えて楽になった

ガッツポーズ 男性

不満を抱いていた家庭での悩み事が消えて楽になったというものもあります。

「家にいる時は家族サービスして!」「私の話し相手になって」と妻にお願いされてしまうことも少なくありません。

「面倒だな」と感じていても、言葉にしてしまえば妻から否定されてしまうというもの。

「あなたは分かっていない」「もっと話がしたいのよ」と言われることによりストレスを感じてしまうことも多いのです。

その為、不満を抱いていた家庭での悩み事が消えれば、夫の気持ちも軽くなります。

家で疲れる事がなくなって「楽だな」と心から感じる男性も珍しくありません。

少なからず男性は家庭内に不満を持っているものなのです。

そして、それが解消されたことにより解放感に包まれてリラックスできる場所が家に出来るという事も。

男性があなたと暮らしていた時に不満を抱いた原因を突き止めなければ「元夫との再婚も難しいものだ」と言えます。

愛され子
愛され子
男性に話を聞いてもらう事でさえ、いけない事だったのね。もっと話し方に工夫するとか楽しい話しを話題に出して彼の不満を解消することが重要よ。彼に求めすぎてもストレスは溜まる一方だから気を付けないとね!

自分の経歴が離婚によって「傷がつけられた」と思っている

悔しがる 男性

離婚後の元夫は、自分の経歴が傷つけられたと感じていることもあります。

離婚という選択を選んだのは、お互いの同意の上。

しかし、元夫は一方的な感情で「元妻のせいで一生消えない傷になった」と被害意識を強めていることもあります。

自分の経歴を守りたいという自己意識が強いため、妻を悪者にしてしまう事も少なくありません。

男性は経歴が全てだと感じてしまうものです。

それは社会が今もなお、経歴を重視する傾向にあるからだとも言えます。

「会社で評価されたい」「離婚したら周囲の目が気になる」と離婚したことに劣等感を抱く男性も多いものです。

その為、離婚後の心境は「離婚してマイナス」「離婚で何か悪い事がおこるのでは?」と怯えていることもあります。

元夫は離婚したという現実をイマイチ受け止めきれずにいる為、八つ当たりともとれる感情を相手にぶつけてしまうのです。

その気持ちが分かったときは悲しくもなりますが、冷静に見守りましょう。

彼が離婚を受け入れることができた時、その強い被害者意識を捨て新たな未来を見据える事もできるのです。

愛され子
愛され子
離婚して被害者意識を持たれるなんて辛いよね。私も傷ついているって知って欲しいわ。
でも彼と復縁する為には、もう少し彼の行動を見守りましょう。

元夫婦が離婚成立後に復縁したきっかけ

「よりを戻した方がいいんじゃない?」と子どもからの後押しがあった

親子の会話

離婚成立後によりを戻すきっかけには、子どもからの後押しというものもあります。

自分たちの子供から「別れるのをやめて欲しい」「よりを戻した方がいいんじゃない?」と言われてしまえば「そうした方がいいのかな?」とお互いに離婚した状況からでも復縁を考えてしまうものです。

離婚が成立した時には晴れ晴れとした気持ちでも、子どもの言葉が耳に残り「やっぱり間違いなのでは?」思ってしまう事も少なくありません。

その為、子どもの一言は両親にとって大きなものです。

子どもの言葉でお互いの存在の大切さに気が付き「素敵な相手だった」と未練を感じる事もあります。

一度感じた未練は大きく膨らみ「離婚するなんてやり過ぎた」「話し合いで解決すればよかった」と思わずにはいられません。

親にとって子どもは宝。

そんな存在からの一声はとても澄んでいて心に浸透してしまうのです。

子どもからの言葉で元夫も聞き耳を立ててくれるのね。どんな言葉をかけても男の人が離婚を決意した後に復縁することなんて無いと思っていたわ。自分の子どもからやり直して欲しいって言われたら、確かに胸が痛むものね。パートナーとうまくやっていけたら結婚だって悪くないって思えるもの。
嫌われ子
嫌われ子

一日でも一人の時間を堪能して改めて妻がしてくれていたことの有難さに気が付いた

気が付く 男性

一日でも一人の時間を堪能して妻の有難さが分かったという事も少なくありません。

離婚後の生活基準は結婚していた時のように潤わなくなってしまうものです。

男性でいう生活基準とは金銭的な余裕ではなく、整った生活という意味。仕事が終わり、家に帰れば温かいごはんがある生活を普通にしているとその大切さを痛いほどに味わうものです。

仕事帰りに食事を済ませてから帰宅をしても良いですが、毎日外食だと「たまには家でご飯を食べたい」と思ってしまうもの。

しかし、家では炊事・洗濯・家事とすべてを担うのは自分です。

他の誰も代わってくれることはなく「面倒だな」と感じる男性も多くいます。

仕事が終わってからの生活に潤いを感じさせてくれたのは妻だという事に気が付く瞬間です。

そして、一度感じた感謝の気持ちを伝えずにはいられず「一緒に食事でもいかない?」と元妻に誘ってしまう事もあります。

「妻に感謝を伝えたい」「あの時はありがとう」という言葉を伝えられると、妻側も元夫に感謝の気持ちを伝える事も珍しくありません。

二人の関係が良好になり復縁する運びとなるのです。

妻の大切さに気が付かせるのは、あなたの為に今まで頑張ったと言ってしまえばいいと思っていたわ。それでは逆効果よね。元夫が自分で気が付かなければ意味がないのね。
嫌われ子
嫌われ子

経済的に困ってしまう妻を放っておけなくなった

悩む 男性

経済的に困ってしまう妻を放っておけなくなったというきっかけもあります。

離婚する前からある程度の収入が妻側にある場合は良いですが、専業主婦で働き先もなく自分だけでは十分な収入が補えないと分かっていると「妻はこの先どうやって生きていくのかな?」「お金がなくて困ってしまうだろう」と妻の行く末を案じてしまうものです。

その為、離婚直後でも「妻を養ってあげたい」「復縁しようか」という気持ちになり、男性側から復縁の打診をすることも珍しくありません。

あなたは夫からの打診を「私は一人でも生きていけるわ」とむきになって断ってはいけません。

夫からの提案を快く引き受ける態度を示しましょう。

そうすれば男性も「良かった」「妻も同じ気持ちでいてくれるのか」と安堵します。

復縁のきっかけは金銭面でも、そこに彼からの愛情があることは言うまででもありません。

あなたは復縁を引き受ける事でこの先の幸せを手に入れることができるのです。

金銭面での復縁なんて愛がないと思っていたわ。彼が心配してくれることも一つの愛情よね。強がらずに彼の言葉を素直に受け入れる事が大切ね。
嫌われ子
嫌われ子

自分が年を取った時に元妻や元夫と寄り添う姿が想像できた

熟年夫婦

離婚直後でも年を取った時の夫婦の姿が見える事もあります。

未来の想像の中に妻と寄り添いながら生きる自分が見えた時は「離婚は間違っていた」と感じる男性も多いものです。

その瞬間に自分の居場所は妻の隣だという事が分かり、男性は復縁を考え始めます。

あなたは、そんな元夫の様子が分かった時、復縁に向けた行動を取るべきです。

「私もあなたとおじいちゃんやおばあちゃんになっても一緒にいると思う」と伝える事で彼の心は限りなく復縁へ近づきます。

「妻と一緒なんだ」ということが分かれば、彼も自分の想像が空想ではなく、確かな未来なのだと感じるからです。

離婚したことも夫婦の大切な人生経験の一ページとして刻まれ「あの頃は若かった」と笑い話に出来る日がやってきます。

元夫にあなたの意見を伝えましょう。

そして二人の未来を切り開いてください。

おじいちゃんおばあちゃんになった姿が見えるって素敵な事だわ。そんな想像したことがなかったもの。
現在に焦点を合わせるのではなくて未来見据えなくちゃ復縁はつかめないものなのね。
嫌われ子
嫌われ子

円満に協議離婚が成立した後の復縁方法

別れてからもお互いの近況報告を小まめに取り合うこと

連絡する 女性

円満離婚が成立した後の復縁方法には、小まめに連絡を取り合う仲になるというものもあります。

円満な離婚にはお互いへ怒りや不満と言ったものがないものです。

その為「いつでも連絡してきてね」「大変な時は助けるから」と初めから良好な関係が築けていることも少なくありません。

別れた夫でも気にせずに連絡を取り合いましょう。

たまには世間話を夫とすることもおすすめです。

連絡を取り合う事でお互いの近況が知れます。

そして、その状況は恋人時代にしていたやり取りに酷似しているものです。

昔の記憶がよみがえり「懐かしい」と感じる事も少なくありません。

昔の感情を思い出すことによって「お互いに惹かれあった理由」改めて気が付くこともあります。

「妻はいつも楽しく話を進めてくれるから元気になれる」とあなたの存在に夫が癒されることもあるもの。

それはお互いを見つめ直し「復縁したいな」と思うきっかけになるものです。

連絡を取り合い友好的に接する事で「こんなにも楽しく連絡が取れる相手は他にいない」と思い直すこともあります。

復縁に踏み出せる第一歩となるのです。

愛され子
愛され子
連絡が取り合える仲って素敵よね。別れた夫だからと気にする必要はないのね。もっとたくさん彼と連絡を取り合って心を通じ合えたいわ。

特別な理由が生れない限り直接会わないようにする

職場 女性

特別な理由がない限り直接会わないというのも復縁をする為の方法だと言えます。

直接会うのは「復縁したときだけ」と彼に感じてもらう事であなたと元夫との復縁は加速するものです。

円満離婚で仲がいいからと頻繁に会うことを繰り返してしまっては「こんな関係でもいい」とが今の間柄に元夫が納得してしまう事も珍しくありません。

彼にいくら会いたくてもここは我慢するべきです。

「一度会おうよ」と誘われても「それは復縁したらね」と優しく断ってください。

そうすれば、彼は「復縁しないと妻には会いにいけない」「こんなに会いたいのに会えない」とあなたに恋しい気持ちを持つものです。

「この気持ちは元妻を愛しているということか」と彼は自分の気持ちの正体を知ることができます。

そして復縁を目標に元妻とやり直す術を探していくのです。

元夫と会う事をやめれば、あなたの復縁はグッと近づきます。

少しの我慢で復縁して幸せになる未来が手に入ります。

ゆっくりと復縁の道筋を作っていきましょう。

愛され子
愛され子
直接会わないようにすることで彼の気持ちは動くのね。私も会いたいけど復縁するまでは会えないって思い切って伝える事もいいかもしれないわ。彼に私の気持ちをそのまま伝えられるから、あとは彼の判断次第になるわね。

離婚原因についての解決策を提案する

提案する 女性

離婚原因について解決策を提案するというものもその方法の一つだと言えます。

円満離婚とは言ってもその理由があるものです。

「恋愛感情が湧かなくなった」「親友に近い関係」など別れた夫婦によって理由も異なります。

自分たちの離婚原因に何があったのかを今一度考え直してください。

「私たちの問題点を直そう」「きっとうまくいくはずだよ」とその解決を望む気持ちを元夫にストレートに伝えましょう。

そうすれば、彼も本気で離婚の原因に立ち向かってくれるものです。

「元妻は一生懸命に解決策を考えてくれている」という事が伝われば、あなたの愛情に気が付くものです。

別れてからもなお自分のことを思ってくれている元妻に愛おしさを感じる事も少なくありません。

その為、離婚原因を解決することで二人の問題を解消すればいつでも復縁できる状況が整うものです。

「僕たちの問題はなくなったから復縁しよう」と彼から告白されることも珍しくありません。

愛され子
愛され子
復縁する為には、まず離婚原因を解決しないと前には進めないよね。円満離婚だから嫌いになったわけじゃないし、問題が取り除ければ彼との復縁ができるなんて一石二鳥よ。早急に解決策を考えましょう!

子供に問題が起きたときの報告・連絡・相談・を守る事

思春期 子ども

円満離婚で復縁する方法として、子どもに問題が起きたときには報告・連絡・相談をすることです。

子どもの話しは元夫婦間でも一番気がかりな問題だと言っても過言ではありません。

その為、子どもの話しには特に真剣に元夫は話を聞いてくれるものです。

夫もあなたから子どもの連絡が来ることを嬉しく思っています。

離れて暮らす自分を頼って連絡をしてきてくれる元妻に感謝の気持ちでいっぱいです。

何故ならば、自分のことを家族の一員として今でも認めてくれていることが分かるからだと言えます。

子どもと妻が結託してしまえば、一人孤立した環境に悲しさや寂しさを感じてしまうものです。

しかし、元妻からの連絡は彼に「もう一度家族としてやっていけるのでは?」という希望をもたらしてくれます。

元夫は「一家の大黒柱としてもう一度一緒に暮らしたい」そう思えるようになるのです。

あなたからの報告や連絡、相談事は彼の家族への未練を沸かせ復縁の道を開きます。

愛され子
愛され子
子どものことは別れていても元夫に連絡すべきだわ。何も分からない状態で後から事後報告されると男性も悲しいものよね。離れて暮らすけど家族の一員として連絡を続ければ、また一緒に暮らしたいって気持ちに元夫もなってくれるわ

調停離婚や裁判離婚などで別れた後の復縁方法

お互いの気持ちを冷やすために冷却期間は長めに取ること

喧嘩 カップル

離婚調停や裁判などで別れた場合には冷却期間を長めに設定することです。

離婚への揉め事があった場合には、調停や裁判で決着をつけるという事も珍しくありません。

しかし、双方の合意を得られない状態だからこそ第三者を挟み審議をしています。

その為、相手側を恨む気持ちや離婚が不服なこともよくあることです。

「何で離婚しなければいけないのか」と提訴を起こした側を恨んでしまう事も多いもの。

相手への怒りや悲しみはすぐに消え去るものではありません。

そこでお互いが冷静になり見つめ直す時間が重要です。

冷静になれば相手が怒っていた原因や自分の反省すべき所がわかりスッキリできます。

お互いが相手への負の感情を抱いたままでは復縁も考えられないものです。

「妻のことは許した」と元夫が判断を下せば、そこから二人の関係を良好に持っていく事も可能。

晴れて二人が結ばれる道が開ける事も少なくありません。

離婚調停まで話が進んでいたら、あきらめてしまうわね。どろどろの離婚劇があったという事だもの。関係を修復してやり直そうなんて甘い考えだと思うわ。冷却期間を設けるとお互いの感情を冷ます効果があるなんて驚きよ!
嫌われ子
嫌われ子

家族を仲介としたやり取りを精力的に行う

家族

自分たちの家族を仲介したやり取りで揉めた離婚から復縁する方法もあります。

「あんな奴と二度と連絡をとるものか」と離婚後に怒りで震えている男性は多いものです。

そんな男性には家族に間に入ってもらう事が効果的だと言えます。

意固地になっている男性の性格を理解しているのも家族というもの。

「そんなに怒る事もないんじゃない?」「一回話し合ってみたらどうかしら?」と勧められれば嫌とは言えません。

そして「家族の言うように元妻のことを何故そんなにも怒っていたのか?」怒りが緩和されるという事もよくあることです。

彼のあなたへの怒りを冷まし、元妻であるあなたとの復縁に前向きな家族の協力を仰げば、復縁も夢ではありません。

彼の考えはあなたが家族を通したやり取りを精力的に行うことで変わっていくものです。

「元妻はこんなにも俺のことを気にかけているのか」と嬉しい気持ちになる事も少なくありません。

感情が穏やかな状態になった彼となら、復縁の話しも出てくるものです。

家族を仲介役にするなんてビックリする発想ね。別れた家族に先に連絡を取ると思いもよらない味方になってもらえる事もあるのね。彼も家族の話なら素直に聞いてくれるからナイスアイディアね。
嫌われ子
嫌われ子

自分の離婚後に感じた反省点を述べて謝罪する

謝る 女性

自分の離婚によって感じた反省点を謝罪するというものもあります。

離婚する前と後ではその心持ちも違ったものになる事も少なくありません。

その為、離婚後に「やっと元夫の有難さが分かった」「私が悪い事をしていた」と反省する気持ちが出てくることもあります。

離婚によって感じた反省すべき点があるのであれば、素直にそれを彼に謝罪しましょう。

元夫もあなたが反省の色を見せてきたことに初めは驚いてしまうものです。

しかし「やっとわかってくれた」「今の彼女ならうまくやって行けるのではないか」とあなたが謝罪したことで二人の関係が大きく動き出します。

謝罪する事により彼の心には大きな衝撃が走るのです。

そして、元妻のことをその後から好意的に思えます。

二人が復縁する為の歯車が動き出したと言っても過言ではありません。

元夫の冷え切っていた心もあなたの謝る姿を見て温まります。

元妻の変化は元夫の考えを変え、二人にとっての和解の道を歩むのです。

素直に謝ることって重要なのね。いくら揉めていても謝罪の一つでもあれば、許そうって思えるもの。謝るのはすごく勇気がいることだわ。でも、彼と復縁したいのなら、それぐらいの覚悟が必要ってことよね。
嫌われ子
嫌われ子

慰謝料の請求をやめて元夫を「許した」という意思表示をする

手をかざす 女性

離婚問題で揉めた夫婦の復縁方法は慰謝料の請求をやめるという事もその一つです。

元夫側に問題があり、慰謝料を払って貰っているのならばその支払いを帳消しにしましょう。

「慰謝料を払ってもらっていたけど、もういらないよ」と伝えることで「彼が過去に犯した罪を帳消しにした」という意思表示になるものです。

「妻がいきなり慰謝料をストップした」「どんな気持ちの変化があったのかな?」と元夫はあなたのことに興味が湧いてくることも少なくありません。

あなたが彼との復縁を望むのならば、彼の過去をすべて清算して「二人でやり直す」という意思を見せることも重要です。

元夫も許されたのだと分かる事で「妻の懐の深さには感服した」とあなたの魅力に惹かれてしまうものです。

揉めた夫婦間でのいざこざを帳消しにすれば、彼との復縁も十分に考えられます。

あなたは夫のことを許すことで二人でまたやり直す道を探せるのです。

そして、もう一度一から夫と恋に落ちましょう。

そうすれば新たな気持ちで再婚に望めます。

もらっていた慰謝料を帳消しにするなんて、すごくもったいないような気がするけど、それで彼の気持ちが動くのならばお安い御用ね。復縁への気持ちも彼に伝わって再婚も目標にできるわ。
嫌われ子
嫌われ子

一度離婚した元夫と復縁が成功した後に気をつけること

離婚原因になった問題を繰り返さない為にその理由を忘れない

考える 女性

元夫と復縁が成功した後に気をつけることには離婚原因になった理由を忘れないというものもあります。

結婚生活をもう一度繰り返すことで悪い癖がでてしまうこともよくあることです。

昔のような結婚生活を繰り返してしまっては離婚原因を忘れてしまい、同じ過ちを繰り返してしまうことも少なくありません。

離婚原因になった過ちを忘れずにいれば「気を付けよう」「また夫や妻を悲しませたくない」という気持ちになれるものです。

その気持ちは新たな夫婦生活を円滑にするルールであり、あなた自身が二度と悲しまない為の方法でもあります。

同じ間違えを繰り返さない限り元夫と幸せな生活が送れるものです。

「いつまでも彼と一緒にいたい」と思うのならば、過去を風化させない事だと言えます。

忘れずにいつも気に留めていれば、あなたは離婚原因を元夫の前で出すことはありません。

二人が幸せになるためには、まず意識から。

意識を変えれば態度が変わります。

それは一度別れた夫婦だからこそできる円満の秘訣なのです。

愛され子
愛され子
折角やり直せたのだから、もう二度と離れたくないって思うものよね。彼の気持ちを引き留めておくためにも私の意識を変えて行く必要がわるわ。絶対に離婚原因を覚えておくことが重要よ。

カッとなってすぐに言い争わないようにいつも冷静でいること

分析する 女性

すぐに言い争わないようにいつも冷静でいる事にも気を付けておかなければいけません。

元夫婦の間柄だからこそ些細な揉め事を起してしまう事もよくあることです。

始めは小さな火種でも、燃え上がると大きな炎となってしまう事も少なくありません。

問題が起きてから炎を消そうとしても中々収まらないものです。

事前に揉め事をなくすことができれば、元夫とは言い争いを振り広げなくても済みます。

その為にも、いつも冷静でいましょう。

カッとなる前に「冷静でいよう」と言い聞かせる事によって「何で怒りを覚えたのか」という事がわかるものです。

問題点とその解決方法が頭の中で組み立てられて、争う前に問題を解決できるようになります。

お互いがイライラしてしまうような喧嘩をする前に、対処できれば自然と二人の心も落ち着き、幸せな生活を送れるのです。

そして、二度と離れる事のない夫婦でいられます。

愛され子
愛され子
売り言葉に買い言葉で言い争ってばかりいたら夫婦仲もどんどん険悪になってしまうわ。一緒にいることができるのだから、いつも笑顔でいたいわよね。その為にも、自分自身が冷静に怒った原因を突き止めましょう!その問題も見事に解決できれば夫婦の絆も深まるものよね。

夫との意見の食い違いがあってもやんわりと自分の意思を伝える

夫婦 話し合い

夫との意見の食い違いがあっても自分の意思をやんわりと伝えましょう。

夫の言葉に違和感を覚えて「それは違うよ」ときつく否定してしまう事も少なくありません。

否定された側も「そんなに強く言わなくてもいいのに」と相手の言い方に物申したい気持ちになる事もあります。

あなたが彼に意思を伝える時にやんわりと優しく諭すように伝えれば彼の感じ方も違ったものになるものです。

「私はこうだと思うんだけど、どう思う?」と相手の意見も受け入れる姿勢を見せれば「こっちの意見も聞いてくれるのか」と夫もあなたの意見を参考にするもの。

初めから完全否定の姿勢では「なんでそんなに偉そうなの?」と口論になってしまう事も珍しくありません。

伝え方によって相手の感じ方は分かれるものです。

お互いが嫌な気持ちになることなく伝えあえる関係になることで、夫婦としての信頼関係も重ねていけます。

そして、仲良く共に年を重ねていけるのです。

愛され子
愛され子
意見をストレートに伝えてしまう事もあるよね。その時にひと工夫して相手のことも考えられる人になれれば、もっと夫婦で愛を育めるのね。復縁した夫婦って中々いないものよ。このご縁を必ず繋いでいきたいわ。

「大好きだよ」「愛しているよ」といった愛の言葉を伝える

部屋でくつろぐ

復縁した夫婦が気を付ける事には、愛の言葉を伝えるというものも含まれます。

長年連れ添った仲であると「大好きだよ」「愛しているよ」という言葉も照れくさくて中々言えないものです。

しかし、思っていても伝わらなければ意味がありません。

勇気を持って愛の言葉をパートナーに伝えましょう。

そうすれば、いつでも「愛されている」という気持ちになれてハッピーなままでいられるものです。

愛の言葉には幸せが溢れているもの。

「妻や夫はいつでも愛してくれている」ということが分かれば相手のことを思って不安になることもありません。

「夫は本当に私のことを好きでいてくれているのか」と疑問を抱いてしまっては、それが喧嘩の原因になってしまう事も少なくありません。

彼への不満をぶつける前にあなたの方から愛の言葉を伝える事です。

そうすれば「俺も伝えてあげよう」という気持ちになり、夫から愛の言葉をもらえるようになります。

夫婦になってもラブラブでいるためには、愛しい気持ちを伝える事が大切なのです。

愛され子
愛され子
夫から「愛しているよ」って言われたら嬉しいものよね。私からも愛の言葉を伝えなきゃ彼も愛されているって実感できないかも知れないわね。好き合って夫婦になったんだからいつまでもラブラブな関係を目指したいわ!

離婚で経験したことを活かして円満で仲良しな夫婦を再構築しましょう

円満な夫婦

離婚は二人の仲で重大な決断。

その離婚した経験を活かすことができれば、円満で仲良しな夫婦を再建する事も可能です。

離婚した過去は変えられません。

しかし、その問題を解決して離婚した経緯を反省できれば、夫婦の絆を再び深める事ができます。

「夫の気持ちも知るべきだった」「私ばかりが辛いと勘違いしていた」など、離婚当時の気持ちを思い返して反省できることも少なくありません。

離婚はあなたと夫が歩んだ一つの人生経験です。

その道筋をきちんと理解して、これから歩む道のりのプランを建て直せば離婚も強ち間違えであったとは言い切れません。

元夫とあなたが「また一緒にいたい」と心から望めばもう一度やり直すことだってできるんです。

その為にも、まずは離婚での反省点を解決して未来を見据えましょう。

そうすれば、二人が寄り添う日も遠くはありません。

おすすめの記事